今知りたい!免疫のこと
0

    JUGEMテーマ:健康

     

    ビタミンEオイル「セラリキッド」のセラ表参道です。

     

    免疫は、「疫を免れる」と書きます。
    「疫」というのは疫病、とくに悪性の伝染病を意味します。
    つまり、「免疫」とは「病気を免れるからだの仕組み」と捉えることができます。
    侵入してくる微生物などの外敵(細菌、ウィルス、真菌、寄生虫)による傷害から身を守り、

    排除する生体防御機構と考えられてきました。
    さらに、外敵だけでなく、自分と異なる異物も排除する働きがあるため、

    免疫とは、自己と非自己を識別して非自己を排除する仕組みと言われます。
    例えばハシカに一度かかると一生ハシカにはかからないと言われますが、

    病原微生物を弱毒化したワクチンを注射することで伝染病を予防する方法もあります。
    一度ハシカに罹かったり、ワクチンを接種することで「抗体」という「疫を免れる」物質が体内にできるのです。
    臓器や皮膚を移植すると、拒絶反応を起こして排除するのも免疫の働きです。
    排除の反応を起こすかどうかは、それが有害な微生物であるかどうかではなく、

    それが自分のものであるかないかという判断に基づいています。
    また、体の中では癌細胞が常に発生しているといわれますが、

    これを「異物」と認識して免疫機能が働いていることで、通常は癌を発症しないということになります。

     

     

    私たちは、免疫のバランスを崩す様々な要因に囲まれて暮らしています。
    ストレス、加齢、環境ホルモン、食生活、生活習慣、などなど。
    疲れた時に風邪をひきやすいというのも、免疫機能が低下していることのあらわれです。
    加齢によっても免疫の活性は落ちてきます。
    胸腺が免疫システムの中で重要な役割を果たしていますが、

    この胸腺という臓器は成長をするにつれ、だんだん小さくなり老化するとほとんどなくなってしまいます。
    本来の役割を果たす器官がなくなるわけですから、当然免疫の働き方に影響してきます。
    老化に伴って免疫機能が低下するため、

    バランスの取れていた免疫システムのバランスが崩れ、矛盾した免疫反応が起こったりもします。
    このため、免疫のバランスをできるだけ保つよう、

    日常生活の中で免疫バランスを整えるようなライフスタイルを心がけることが重要です。


    喫煙や飲酒を控えること、バ

    ランスのよい食事や質のよい睡眠をとること、

    適度な運動を心がけること。
    運動習慣がある人は免疫細胞であるNK細胞が活発に働くと言われています。
    反対に免疫を低下させるストレスをできるだけ避け、笑うことも大切です。
    笑いによる脳への刺激がホルモンの分泌を促し、これがNK細胞を活性化させます。
    また、笑うことは自律神経に変化をもたらし、体中の様々な器官に良い刺激をもたらしてくれます。
    体温を上げておくことも有効です。
    体温が1℃上がると5〜6倍免疫力が上がると言われます。
    ライフスタイルを整えることで、私たちのからだの基盤となる免疫バランスを整えましょう。

     

    株式会社セラ 代表取締役 町田映子

    セラストア:https://www.cerastore.net/

    表参道セラ治療院:https://ceraclinic.com/

    | からだのこと | 10:54 | comments(0) | - |
    花粉症の肌荒れとビタミンEオイルケア
    0

      JUGEMテーマ:花粉症

       

      ビタミンEオイル「セラリキッド」のセラ表参道です。

       

      花粉症といえば、

      くしゃみや鼻水が止まらないというイメージですが、

      実は花粉は肌にも悪影響を与えています。

      この時期の肌荒れの理由を、

      何度もティッシュを使うから?

      一日中マスクをしているから?

      季節の変わり目だから?

      と考えていませんか。

       

      花粉が肌につくことによって、

      まぶた、頬、顎や首まで赤みや痒みが出ます。

      ヒリヒリしたり、皮がむけたり、湿疹が出たりと症状はさまざま。

      花粉症と一緒に見られる症状でもありますが、

      最近は皮膚炎のみが出るケースも増えてきました。
      寒暖差も激しく、まだ暖房の風にも当たり、肌は乾燥しています。

      免疫力や抵抗力が低くなっているところに、アレルゲンが運ばれてくることになります。
      花粉症皮膚炎にならないようにするためには、

      花粉がついている状態をできるだけ短くすることと保湿を心がけること。

      やさしく泡立てて洗顔をするようにしてください。

      できれば髪の毛からしっかり全身洗い流してしまいましょう。

      そして大切なのが保湿ケアです。

       

      免疫力が下がった肌には、包み込むオイルケアがおすすめ。
      洗顔をするときも同じことが言えますが、

      こすったり触りすぎるとダメージを与えてしまいます。

      両手にオイルをとって手に馴染ませたら、

      肌にオイルを吸わせるように、そっと手を当ててください。

      顔は立体になっていますので、カーブに合わせて手をそえることが大切です。

      額や鼻から下の部分は片手で横から当てます。

      特にピタピタ動かす必要はありません。

      まんべんなくオイルが付くように何度か繰り返しましょう。

      肌がお腹いっぱいになると、手にオイルが残るようになりますので、

      肌が欲しているだけのオイルを吸収させるようにします。
      オイルに花粉がすぐについてしまわないよう吸収率の高いオイルを使うか、

      夜のお手入れにオイルケアを取り入れてください。
      オイルケアでダメージを防ぎ保湿をしておくと、

      ターンオーバーされたころには

      キレイな肌が出来上がっていることでしょう。

       

      株式会社セラ 代表取締役 町田映子

      セラストア:https://www.cerastore.net/

      表参道セラ治療院:https://ceraclinic.com/

      | ビタミンEのこと | 14:07 | comments(0) | - |
      老けて見える顔のシミ
      0

        JUGEMテーマ:アンチエイジング

         

        ビタミンEオイル「セラリキッド」のセラ表参道です。

         

        誰もが気にあるシミ。

        頬や目の横などにあるだけで、

        随分と年齢が上に見られたりするので、

        非常に気になっているという声をよく聞きます。


        シミの原因となっているのは、黒色の「メラニン」という色素です。

        これは紫外線などから刺激を受けることで産生されます。
        表皮の基底層に存在するメラニン色素を作り出すメラノサイトというメラニン形成細胞が、

        紫外線の刺激を受けるとメラニン色素をつくる仕組みになっています。

        肌に紫外線が当たると伝達物質が発生し、

        活性酸素などを吸収したり分解したりするのですが、

        この活性酸素を材料にしてメラニン色素がつくられます。

        ただし通常の日焼け程度であれば、

        ターンオーバーによって肌が生まれ変わり、

        メラニン色素を持つ細胞は時間とともにはがれ落ちます。

        そのため黒くなってしまった肌もだんだんと元通りの色に戻すことができます。
        シミとして残ってしまうのは、

        ターンオーバーのサイクルが滞っていることや、

        皮膚の再生能力が低下してしまっている場合です。

        しっかりとターンオーバーが正常に機能するようにしていく必要があります。

        洗顔をはじめ睡眠などの生活習慣を見直していきましょう。

        肌は強い刺激に弱いので、

        顔を洗うときにはしっかりと泡立てた洗顔料を使用してください。

        あまり熱いお湯を使わないことも効果的です。

        また、油分が不足すると角層が乾燥していて肌に触れた時に摩擦がおこりやすくなります。

        この摩擦が僅かな炎症を引き起こし、メラニン生成の刺激となってしまいます。

        水分だけではなく油分も補充してください。
        また、メラニン色素が活性酸素を材料としていることから、

        活性酸素を作り出さないよう紫外線対策は必須と言えます。

        日焼け止めや日傘、帽子などを効果的に利用して紫外線を防ぐことが大切です。

        このほかに活性酸素を発生する原因物質としては、

        ストレス、大気汚染、タバコなどがあげられるので、できるだけ避けるといいでしょう。

        できてしまったシミをできるだけ目立たなくするのも活性酸素が関係しています。

        メラニン色素は活性酸素によって黒く変色するため、

        この活性酸素を元に戻す抗酸化作用が効果的だと考えられます。

        ビタミンEやビタミンC,ポリフェノールを積極的に摂り入れていくことも大切。

        肌の外からのことだけではなく、

        内側からのケアも考えて美肌を目指してほしいと思います。

         

        株式会社セラ 代表取締役 町田映子

        セラストア:https://www.cerastore.net/

        表参道セラ治療院:https://ceraclinic.com/

         

        | からだのこと | 11:02 | comments(0) | - |
        会社のブランディングのこと
        0

          JUGEMテーマ:女性経営者

           

          ビタミンEオイル「セラリキッド」のセラ表参道です。

           

          社長を引き継いだ後、

          ロゴや主力商品のデザインを変更しました。

          とはいえ、借入満載な中小企業ですから、

          デザインを外注するお金はありませんでした。

          そこでネット検索。

          個人の方に発注するサイトを発見して発注することにしました。

          イメージをお伝えして、たくさんの応募をいただきました。

          ひとつひとつのデザインをズラッと並べて、

          何日もかけて会社のロゴ、オイルの瓶や化粧箱を決定。

          選ぶのも大変でしたが、

          ずっと使うものなので何度も何度も考えて決めました。

          もちろん今でも大切なデザインとして使用してます。

           

           

           

          リニューアルは必要なのかという意見もありましたが、

          父の代から変わったんだなという会社のブランディングも含めて

          見た目を変えるというのも必要だったと思います。

          社長になったばかりのころは、

          何をしていきたいのか?どんな会社にしたいのか?

          というところで随分行き詰りました。

          会社を引き継ぐということを急に決めてしまったというところもあって、

          自分自身の考えやビジョンがあまり決まっていなかったのだと思います。

          周りから常に正解を出せと突き付けられている気分でした。

           

          60代男性の先代から、

          30代半ばの女性が急に社長になったので、

          年齢と性別だけでも壁は大きかったです。

          女性の社長も管理職も随分増えてきているのだと思いますが、

          それでも男性社会な部分はゼロではないと感じました。

          女性だからという意味で会社のブランディングを決定したわけではありませんが、

          ロゴやデザイン、会社の方向性もやはり女性ならではの面があったと思います。

           

          本当は、会社のブランディングがしっかりあって、

          そのうえで経営をスタートできるのがいいのだとは思います。

          ただ、やってみないと分からなかったこともたくさんありました。

          もしかしたら当初思っていた方向と違うこともあるかもしれません。

          そういった意味で会社のブランディングは、

          今の段階ではこんな形で進めたいという暫定的なものでもいいのでは?と思っています。

          あまりとらわれ過ぎず、

          「こう」と思ったことはトライしてみたいと考えています。

           

          株式会社セラ 代表取締役 町田映子

          セラストア:https://www.cerastore.net/

          表参道セラ治療院:https://ceraclinic.com/

           

           

           

           

          | 会社のこと | 17:23 | comments(0) | - |
          妊活とビタミンE
          0

            JUGEMテーマ:妊活!

             

            ビタミンEオイル「セラリキッド」のセラ表参道です。

             

            セラでは、毎年1〜2人のスタッフが妊娠し出産しています。
            小さな会社にとっては大変なこともありますが、

            やはり一緒に頑張ってきたスタッフの妊娠は

            感慨深いものがあり何より喜ばしいことです。
            なかなか妊娠できずに悩んでいたり、

            婦人科疾患を抱えてきたスタッフでも妊娠していくのは、

            身体のことを考える業務であることと同時に

            ビタミンEオイルを使用していることが大きいと思っています。

             

            ビタミンEにはトコフェロールという別名があります。
            ビタミンEはもともと

            妊娠に至るために必要な栄養素として発見されたビタミンです。

            ビタミンEは、

            不妊になってしまったラットにレタスをあげたら妊娠したため、

            どうして妊娠したのか?を調べて発見されたのです。
            そのためトコフェロールとは、

            子どもを産むための力を持つという意味があります。


            エストロゲンとプロゲステロンという

            女性ホルモンのバランスによって、

            私たち女性は心や身体の状態が左右されます。
            妊娠出産についても、

            受精卵のためのふかふかのベッドを作ったり、

            妊娠が持続するためのはたらきをしてくれています。

            私も双子を妊娠するまでに

            何度か流産を経験しましたが、

            こういった環境が揃ってなかったのだろうとあとになって思いました。
            この女性ホルモンの分泌を正常にはたらかせ、

            性ホルモンの代謝を促すのがビタミンEです。

             

            またビタミンEには強い抗酸化作用があります。
            若返りのビタミンとして

            肌やからだの酸化を防ぐことで有名ですが、

            卵子も酸化から守ってくれます。
            健康で元気な卵子を保ってくれることは、

            妊娠出産を考える誰にとっても切実な願いだと思います。

             

            ビタミンEでお腹や腰をケアすることで、

            ビタミンEのはたらきで

            血行がよくなり子宮の状態も改善されていくことが考えられます。

             

            妊娠というものは、

            自分が妊娠出産ということに向き合う前は、

            普通に自然にストレスなくできるものと思っていました。

            こんなに奇跡的なことなのだとつらく悲しい体験から実感しました。

            妊娠したいといろいろな治療を受けている方も多いと思います。

            上手にビタミンEやそのほかの療法を取り入れてほしいと思っています。

             

            株式会社セラ 代表取締役 町田映子

            セラストア:https://www.cerastore.net/

            表参道セラ治療院:https://ceraclinic.com/

            | ビタミンEのこと | 14:31 | comments(0) | - |
            気になるお肌の水分と油分のバランスのこと
            0

              JUGEMテーマ:スキンケア

               

              ビタミンEオイル「セラリキッド」のセラ表参道です。

               

              私たちの肌には水分と油分とが存在しています。

              水分と油分のバランスがどのようになっているかによって、

              乾燥が起こったり脂っぽくなったりというタイプに分ける

              いわゆる「肌質」に分類されることになります。

              この肌質を改善するために女性が必ず気にしているのが、

              保湿です。

               

              ではなぜ保湿が必要な状態になってしまうのでしょうか。

              代表的なのは加齢です。

              加齢によって、セラミドなどの肌の保水力が失われていきます。

              そのため乾燥しがちな肌状態になります。

              また、クレンジングやスキンケアを行う際の過度な刺激も原因の一つです。

              良かれと思ってゴシゴシとこすってしまったりすることで、

              肌にダメージを与えています。

              紫外線も肌のバリア機能を低下させて、

              水分が減っていきますので注意が必要です。

               

              ではいざ保湿をしよう!

              となると大量の化粧水を使う方も多いのですが、

              水分だけを肌に大量に吸収させてしまうとトラブルの元になってしまいます。

              水分を入れたら、

              必ず油分でバリアしてください。

              水分が蒸発していってしまうと、

              反対に乾燥がひどくなってしまうので、

              必ず蒸発を防ぐようにします。

              水分の油分のバランスが崩れているときは、

              使う量を調節しながらスキンケアをしていくようにしましょう。

              顔の部位によって使い分けることも大切です。

              乾燥しているのか脂っぽいのか手で確認しながら、

              足りない部位に足りないものを

              多めにして補ってあげてください。

               

              株式会社セラ 代表取締役 町田映子

              セラストア:https://www.cerastore.net/

              表参道セラ治療院:https://ceraclinic.com/

              | からだのこと | 16:12 | comments(0) | - |
              二代目のはじめの一歩
              0

                JUGEMテーマ:女性経営者

                 

                ビタミンEオイル「セラリキッド」のセラ表参道です。

                 

                父が大腸がんになり、余命は僅か。

                この次の年に父は会長に、私が代表になりました。

                まずしなければいけなかったことは会社の立て直しです。

                父は非常に温厚なひとでした。

                娘である私にも一度も声を荒げたことはありません。

                その人の良さは経営向きではなかったということなのか、

                本当に小規模な中小企業にありえない借入が残されました。

                会社を移転させ縮小。

                膨大な借り入れをいかに返済していくかが大きな問題でした。

                 

                私が代表となってはじめに行ったのは、

                借入金に関するサインです。

                あまりの大きな額に実感が湧かなかった覚えがあります。

                毎月の返済も、仕入れの支払いも、

                自分の口座から支払ったりしていました。

                そこでお願いしたのが、

                仕入れ先の方々にお支払いを分割でお願いすること。

                何件かリスケジュールをしていただいて、本当に助かりました。

                 

                自分の報酬も出せませんでしたが、

                父の報酬も大幅にカットしてもらいました。

                母と三人家族会議を重ね、

                どこまで切り詰められるのか話し合いました。

                このとき父の医療費も捻出しなくてはならず、

                この判断が正しいのだろうかとかなり悩みました。

                それでも母がこれでいけると背中を押してくれた判断と潔さは、

                なんとか会社を立て直したいという娘へのエールだったのだと思います。

                 

                代表となる前は経理を担当していたのですが、

                この時期は人手が足りなかったので、

                商品の配送業務も同時に行うこともありました。

                日曜日にひとりサンプル作りをしたら、

                ラベルをすべて貼り間違えていて、

                結局後日またサンプル作業をしたことも。

                休みもなく、ひたすら働いていましたが、

                この時の体験が後々となってはよかったと思います。

                会社の業務をすべて自分で経験していくことでわかることも多かったので、

                非常に貴重な時間でした。

                やらなくていい業務や

                体験しなければよかったことは

                存在しないものなのだと思っています。

                 

                株式会社セラ 代表取締役 町田映子

                セラストア:https://www.cerastore.net/

                表参道セラ治療院:https://ceraclinic.com/

                | 会社のこと | 10:35 | comments(0) | - |
                更年期とビタミンE
                0

                  JUGEMテーマ:更年期

                   

                  ビタミンEオイル「セラリキッド」のセラ表参道です。

                   

                  女性みんなが気になる更年期。

                  いざとなると何が原因で、

                  どうすればいいのか?

                  治療院にも、

                  原因は分からないけど、

                  腰がいたい、

                  疲労感がある、

                  といった症状の方が多くいらっしゃいます。

                  更年期とは、

                  閉経をはさんだ前後5年の時期のことを言います。

                  更年期の症状が出てくるのは大体40代後半くらいです。

                  卵巣の機能が落ちてきて、

                  卵巣から分泌される女性ホルモンは40代半から低下していきますが、

                  この女性ホルモンの減少が月経不順や体調不良の原因となります。

                  更年期に見られる、

                  のぼせ、異常発汗といったホットフラッシュや

                  イライラする、眠れないなどの症状を更年期症状といいます。

                  また日本人には肩こり、疲労感、腰痛、のぼせ、頭痛がよく見られるそうです。
                  最近では、若年層の女性で似たような症状を訴えるケースが多く、

                  若年性更年期障害と言われていますが、

                  この多くは不規則な生活やストレスなどによってホルモンバランスが崩れていることが原因となっていることが多く、

                  更年期とは異なると考えられています。

                   

                   

                  では、更年期の症状をどのように緩和していくのか。

                  やはり女性ホルモンの減少が主な原因ですので、

                  この減ってしまった女性ホルモンを補うと考えるのが自然です。
                  病院ではホルモン補充療法と呼ばれ、

                  内服や貼り薬、塗り薬など多くの種類があります。

                  こちらは病院で定期的に受診して、しっかりと合うものを検討していく必要があります。
                  また、このほかに漢方薬でも女性ホルモンを調整していくこともできます。

                  例えば加味逍遙散や桂枝茯苓丸など症状から自分に合った漢方薬を処方してもらいましょう。

                  また更年期に注目すべきはビタミンEです。

                  女性ホルモンに似たはたらきがあり、

                  ホルモン分泌のコントロールをサポートしてくれます。

                  性ホルモンの代謝にも関与しています。

                  さらに、細胞膜の構成要素でもあるので、

                  細胞の老化を抑えたり、

                  血行を良くするはたらきもあるので、

                  更年期の諸症状を和らげてくれます。

                   

                  株式会社セラ 代表取締役 町田映子

                  セラストア:https://www.cerastore.net/

                  表参道セラ治療院:https://ceraclinic.com/

                   

                  | ビタミンEのこと | 12:22 | comments(0) | - |
                  血管の健康と一酸化窒素について
                  0

                    JUGEMテーマ:健康

                     

                    ビタミンEオイル「セラリキッド」のセラ表参道です。

                     

                    私たちのからだにはたくさんの血管が張り巡らされていて、
                    温かな血液が心臓から送り出されています。
                    押し出された血液は動脈、毛細血管、静脈を通って心臓へ。
                    当たり前のように思っているこの循環こそが、
                    私たちのからだ全体に栄養や酸素を送り
                    要らない老廃物を回収してくれる一番の基本となる働きをしてくれています。
                    血管の太さは、
                    一番太い大動脈が約3僉
                    細い毛細血管は0.1僂曚匹波韻量咾茲蟶戮い發里任后
                    この中を血液が移動するのですが、
                    例えば60圓梁僚鼎諒であれば4〜5Lの血液が流れていることになります。
                    しかしスムーズに血液が流れているとは限りません。
                    たとえば動脈硬化。
                    動脈硬化とは、文字通り動脈が硬くなったり、
                    血管が狭くなって血液がうまく流れなくなることを言います。
                    高血圧、糖尿病、喫煙などが原因で起こります。

                    このような血管を救ってくれるのが一酸化窒素(NOエヌオー)です。
                    一酸化窒素というと、排気ガス等からだに良い印象がありませんが、
                    実は体内で作られています。
                    1998年のノーベル賞では、体内での機能について発表されました。
                    体内の一酸化窒素は、
                    血管を拡張したり、
                    血管内で脂肪が固まるのを防いでくれることが分かったのです。
                    血管に弾力性をもたせ、
                    若さを保っていることに注目が集まっています。
                    ですが、30歳を境に一酸化窒素を産み出す機能が低下してしまいます。
                    それを補っていくためには、バランスのとれた食事と運動が必要です。
                    一酸化窒素はアミノ酸からできていますので、
                    タンパク質をしっかり摂ることが大切です。
                    また、マッサージによっても一酸化窒素を産出することができます。
                    血流の量が増えることで血管内の細胞を刺激し、
                    一酸化窒素の分泌を促進するのです。
                    脚をマッサージすることによって、
                    血行を促進し一酸化窒素を産出することで健康な血管を保ち、
                    しかも温かな血液をからだ全体に巡らせることに繋がっていきます。

                    血栓は、血の固まりのことです。
                    血管の中では通常血が固まらないようにできていますが、
                    血流が悪くなったり、血管壁が傷ついたりすると、
                    血液が固まってしまいます。
                    血栓は静脈だけではなく動脈や心臓などでも起こりますが、
                    大半が下肢で起こることが多いのです。
                    特に高齢者や女性に起こりやすいので注意が必要です。

                    こまめに水分をとること、
                    足を動かすことが予防となりますが、
                    マッサージも非常に有効です。
                    膝の裏がかなり腫れていたり、ふくらはぎが重く張っていること方が多いのですが、
                    みなさん自覚がないとおっしゃいます。
                    ふくらはぎから膝裏、膝裏から太ももまでを一方通行でマッサージしましょう。
                    どちらも手のひら全体でやさしく行ってみてください。
                    血栓の予防とともにリラックス効果も高いのでおすすめです。

                    | からだのこと | 14:21 | comments(0) | - |
                    父の介護と教え
                    0

                      JUGEMテーマ:女性経営者

                       

                      ビタミンEオイル「セラリキッド」のセラ表参道です。

                       

                      父の大腸癌の闘病中、

                       

                      最期は自宅で過ごしたいという父の願いから、

                      自宅介護が始まりました。

                       

                      ほんの数か月のことでしたが、

                      毎日父のベッドから聞こえてくる音に耳をすませ、

                      母も私も眠れない日々を過ごしました。

                      食事も経口摂取はできなかったので、

                      私たちの食事も静かに匂いもしないように。

                      こんなに大変なものなのかと実感しました。

                       

                      自宅に帰ってすぐはトイレも動くこともできていましたが、

                      徐々に徐々にできることが少なくなり、

                      父もそういったことを諦めていくようになりました。

                      会話も満足にできなくなり、

                      大好きな孫の区別もつかなくなり、

                      最終的には母しか寄せ付けなくなりました。

                       


                       

                      そういったなかで、

                      唯一のコミュニケーションが

                      オイルマッサージでした。

                      このために自ら開発したのではないかと思うくらい、

                      触れることの大切さを思い知った時間でした。

                      言葉にしなくても、言葉にならなくても、

                      肌に触れることを通じてコミュニケーションが成立します。

                      モルヒネの点滴を拒否していた父の、

                      唯一と言える痛みの緩和でもありました。

                      ときにはお互い泣きながらマッサージをしました。

                       

                      手の施しようがないというなかでも、

                      高額な医療費は払えないというなかでも、

                      まだできることがあるのだと感じました。

                      人の手から伝わるものは、

                      やっぱり大きくて温かい。

                       

                      父の介護を通して、

                      私に教えてくれた大きな財産です。

                      先代社長であった父から引き継いだ一番大きなものかもしれません。

                       

                      株式会社セラ 代表取締役 町田映子

                      セラストア:https://www.cerastore.net/

                      表参道セラ治療院:https://ceraclinic.com/

                      | 会社のこと | 15:24 | comments(0) | - |
                      | 1/2PAGES | >>