「マスク肌荒れ」をビタミンEオイルでケア
0

    JUGEMテーマ:美容アイテム

     

    ビタミンEオイル「セラリキッド」のセラ表参道です。

     

    秋が近づいてきましたが、

    今度は冬に備えて一層のマスク生活が続きますね。

    「マスク肌荒れ」が気になる方が増えているようです。

     

    今話題の「マスク肌荒れ」とは、

    マスクをしている部分の痒み、かぶれ、吹き出物、ざらつきなどの肌荒れのこと。

    過半数の方が悩んでいると言われています。

    マスクをしているとなぜ肌荒れが起こるのか?

    一つは、

    マスクの着脱。

    マスクをつけたり外したりすることで摩擦が起きます。

    もう一つの原因は、

    マスクの内側が蒸れること。

    息をすることでマスクのなかで蒸れるので、

    雑菌が繁殖しやすい状態になります。

    さらに、マスクを外すと急激に温度と湿度が変化して水分が蒸発します。

    乾燥がひどくなるのと同時にバリア機能が低下していってしまうことになります。

     

     

    これから乾燥の季節です。

    さらにバリア機能をしっかりと備えておかないと、

    肌荒れがさらに進むことが考えられます。

    ビタミンEオイルでの保湿は、

    肌のバリア機能をしっかり守り、新しい肌を作っていくのも適しています。

    ビタミンEは、ターンオーバーで出てくる新しい肌を綺麗に作っていくために必要です。

    ビタミンEは「若返りのビタミン」と呼ばれ、抗酸化作用が高いのが特徴。

    マスクのなかで表情筋を動かさなくなるのでシワが気になるようになったという方にも。

     

    肌荒れを起こしている場合には、

    まず低刺激の化粧水でたっぷり水分補給をします。

    そのうえからビタミンEオイルを手を当てるようにして浸透させます。

    あまり手を動かさないようにして、摩擦を少なくします。

    水分もオイルも、もうこれ以上入りませんという状態まで浸透させるのがポイント。

    さらにジェルやクリームで蓋をするとより効果的です。

    長く続くマスク生活を乗り切るために、

    マスクを替えるのではなく肌のバリア機能を高めましょう。

     

    株式会社セラ 代表取締役 町田映子

     

    セラのビタミンEオイルを販売しています:https://www.cerastore.net/

    ビタミンEオイルマッサージの表参道セラ治療院:https://ceraclinic.com/

     

     

     

    | 美容のこと | 14:09 | comments(0) | - |
    リンパマッサージと免疫力の関係
    0

       

      ビタミンEオイル「セラリキッド」のセラ表参道です。

       

      マッサージの効果の一つに

      身体の流れがよくなるというところがありますが、

      血液やリンパの流れをよくすることは、

      免疫力のアップにつながります。

      全身をパトロールしてくれるリンパ球が

      病原体と出会うきっかけをいかに多くできるかが鍵になります。
      リンパ球は免疫に関わる細胞で、白血球の1つです。
      さらにB細胞、T細胞、NK(ナチュラルキラー)細胞などに分類することができます。

      NK細胞は生まれつき備わっている免疫細胞で、

      細菌やウイルスなどの病原体に感染した細胞を攻撃します。

      このように生まれつき持っている免疫のことを自然免疫と言います。

      体内に異物や病原体が入ると真っ先に身体を守るために最前線で働いてくれる免疫機能です。

       


      リンパ球は、血液やリンパ液に出たり入ったりを繰り返し、

      病原体の侵入に備えて全身をパトロールしています。

      そのため、リンパ球が全身を巡回できるように、

      身体の巡りを良くすることが免疫力につながるというわけです。

      リンパ液が流れるのがリンパ管。

      老廃物など要らないものを流す役割をしています。

      リンパ管の合流点であるリンパ節は老廃物が蓄積する場所です。

      リンパの流れが滞ると、体内の余分な水分が回収できず、むくみが生じます。

      さらに免疫機能が低下したりと体調不良を引き起こす原因となります。

      リンパ管は血管のように身体全体に張り巡らされています。

      ですが、血管のように心臓が動かしてくれるわけではないので、

      リンパはかなりゆっくりゆっくり流れます。
      リンパの流れを良くする方法の一つがマッサージです。
      ビタミンEオイルを使うと、ビタミンEが血行を促進してくれるので、

      よりリンパや血液の流れを良くすることができます。

      身体の免疫力を上げる方法の一つにうまく取り入れてみてください。

       

      株式会社セラ 代表取締役 町田映子

       

      セラのビタミンEオイルを販売しています:https://www.cerastore.net/

      ビタミンEオイルマッサージの表参道セラ治療院:https://ceraclinic.com/

       

      | からだのこと | 14:31 | comments(0) | - |
      ナッツは心疾患にも効果的⁈
      0

        JUGEMテーマ:ビタミン

         

        ビタミンEオイル「セラリキッド」のセラ表参道です。

         

        ナッツにはビタミンEが豊富に含まれています。

        ビタミンのほかにもミネラルや食物繊維、

        必須脂肪酸も含まれているため、健康や美容にお勧めの食品です。

        なかでもアーモンドは、そのまま丸ごと食べる食品のなかで、

        ビタミンEの含有量が多いことで知られています。

         

        最近では、心疾患にも作用があるのではないかと報告されています。

        ナッツを1か月に30g食べる人に比べ、

        1週間で120g食べている人では、

        心疾患の発症率が抑えられ、心疾患以外の死亡率も低くなり、

        がんによる死亡率も低いという研究結果があるそうです。

         

        たとえば、アーモンド100ℊでビタミンEは30〜32咫

        食事摂取基準では、1日で最低限必要なビタミンEは6〜6.5咫

        健康障害を未然に防ぐ上限の量としては650〜850咾任后

         

         

        アーモンドは栄養価が高いので、食べすぎには注意が必要です。

        どんな栄養素も偏ってしまったり、過剰摂取には危険が伴います。

        ナッツだけでビタミンEを摂ろうとせず、

        やはりバランスよく食事から食べていただくのがお勧めです。

        足りないなと感じたときにはナッツを間食やサラダに入れて摂取するのもいいと思います。

         

        またピンポイントでビタミンEが必要な箇所には、

        ぜひビタミンEオイルを使って経費吸収をさせてみてください。

         

        株式会社セラ 代表取締役 町田映子

         

        セラのビタミンEオイルを販売しています:https://www.cerastore.net/

        ビタミンEオイルマッサージの表参道セラ治療院:https://ceraclinic.com/

         

        | ビタミンEのこと | 14:24 | comments(0) | - |
        ビタミンEオイルで膝の痛みケア
        0

          JUGEMテーマ:健康

           

          ビタミンEオイル「セラリキッド」のセラ表参道です。

           

          セラ治療院にいらっしゃる患者さんが訴える膝の痛みは、

          変形性膝関節症がほとんどです。

          変形性膝関節症は

          膝のクッションの役割をしてくれる軟骨がすり減って痛みを感じます。
          私自身、高校生のときに一晩にして膝が象のように腫れ上がったことがあります。

          原因もよく分からず松葉杖の生活となり、

          現在も時々膝の違和感を覚えます。

          ですので正座ができるようになりたい!という患者さんの気持ちはよく分かります。

           

          動かすと痛い膝の痛み。

          動かすのが恐くて、億劫になってしまいますが、

          関節は動かさないとどんどん動けなくなってしまいます。

          関節のまわりにある筋肉を柔らかくしておくことがお勧めです。

          少しずつ動かすことによって、膝まわりの筋肉をほぐし、血行がよくなります。

          関節の可動域も広くなりますし、筋力アップも見込めます。
          ビタミンEオイルでケアをするときには、

          お風呂上がりで膝が温まっている状態が最適。

          膝そのものはもちろん、

          膝の上にある大きな筋肉や脛の前、ふくらはぎを上の方向へ流していきます。

          膝の後ろもしっかりケアすることがお勧めです。

          炎症がある場合には、オイルを手にとって膝のお皿を包み込むようにオイルを浸透させてください。
          足腰を元気に保って、自分の足でしっかり歩いて生活できることを目指しましょう。

           

          株式会社セラ 代表取締役 町田映子

           

          セラのビタミンEオイルを販売しています:https://www.cerastore.net/

          ビタミンEオイルマッサージの表参道セラ治療院:https://ceraclinic.com/

          | からだのこと | 07:30 | comments(0) | - |
          放置しがちな足裏やかかとの痛みやしびれとビタミンEオイル
          0

            JUGEMテーマ:健康

             

            ビタミンEオイル「セラリキッド」のセラ表参道です。

             

            足の裏、かかとに痛みやしびれが出ていませんか?

            朝起きてすぐに痛みが起こる方も多いようですが、

            歩いていると緩和していくので、そのまま放置する方も。

            かなり昔からなのだと言われる方がほとんどですが、

            放置していると徐々に進行して歩けなくなるケースもあるので注意が必要です。

             

             

            足の裏には何もなさそうに思う方も多いのですが、

            意外と腱や筋膜、神経などがしっかりあります。

            身体をすべて支えているのでトラブルが起きやすい部位でもあります。

             

            足底筋膜は、踵から足先にかけて放射線状に伸びています。

            足の骨はアーチ状になっていて、そこをピンと張っているのが筋膜です。

            スプリングのように衝撃を吸収してくれる役割をしてくれます。

            ここが硬くなったり弾力を失っていくと、炎症や、痛みが見られるようになります。

             

            また、しびれを感じる症状の方もいらっしゃいます。

            足の裏にも神経が通っていますので、神経が圧迫されて痺れていることが考えられます。

            例えば足先のみで踵あたりには痺れがない場合には

            足根管症候群といって、内くるぶしで足裏に向かう神経や血管が通っている箇所でトラブルが起きています。

            足裏の痛みやしびれを緩和するために、ストレッチやインソール、サポーターなどがありますが、

            スポーツの後やお風呂上りのケアもお勧めです。

            ビタミンEは血行を促進してくれるので、

            ビタミンEオイルで足裏からふくらはぎ、膝の裏へと流していくようにします。

            硬くなってしまった足裏を柔らかくしてくれます。

            手を温かくして全体にオイルと塗布し、足裏のアーチや踵は形に合わせるようにケアします。

            くるぶしの周りも忘れずに!

            ふくらはぎは両手で包むようにして膝の後ろへ流しましょう。

            毎日知らずにお世話になっている足裏を健康に保ち労わってあげてください。

             

            株式会社セラ 代表取締役 町田映子

             

            セラのビタミンEオイルを販売しています:https://www.cerastore.net/

            ビタミンEオイルマッサージの表参道セラ治療院:https://ceraclinic.com/

            | からだのこと | 11:26 | comments(0) | - |
            この時期こそタッチングケア
            0

              JUGEMテーマ:健康

               

              ビタミンEオイル「セラリキッド」のセラ表参道です。

               

              タッチングとは、手や指を使って直接人の肌に触れることを言います。

              手を通じて心のコミュニケーションをはかり、

              安心感や安定感を伝え合うことができる非言語コミュニケーションの一つです。


              コロナ禍の現在、人との距離をとることが求められています。

              もちろん感染拡大を防止するという観点から大切なことですが、

              どんどん距離感をとることが良しとされ、

              タッチングがない世界観に陥るのではないかという危惧も取り上げられるようになりました。


              15年ほど前に父が出した「肌から病気を癒すタッチングー夫婦・親子からできる幸せ健康法」の書籍では、

              「手を通じてエネルギーや気を伝えれば、心の病も体の病も癒される。

              たとえ完治がむずかしい病でも、手に触れるだけで苦痛を和らげ、取り去ることができ、

              夫婦でも親子でも、やさしく触れてあげることで癒すことができる」ということが書かれています。

              タッチングはとても身近なものです。

              幼いころ手を当てて手当てをしてもらった覚えがある方も多いと思います。

              手を当てるだけで、苦痛を和らげ取り去ることができます。

              痛みより手を当てるという信号が脳にキャッチされるというメカニズムもありますが、

              何より手から伝わる温かさや気持ちのやりとり、安心感や幸福感といったものが大きいと思います。


              タッチングによる安心感や幸福感はオキシトシンという「幸せホルモン」によるものです。

              オキシトシンは、もともと出産の際に分泌されるホルモンとして知られていましたが、

              近年は心拍数や血圧の低下をはじめ、

              痛みの緩和、ストレスの軽減、美肌と多くのはたらきがあることが分かっています。

              看護の現場でも患者さんに対するケアのひとつとして取り入れられたりと

              オキシトシンという名称が一般的に知られるようになりました。


              AIやデジタル化が進み人と触れることが少なくなっていくなか、

              さらに現在の新型コロナの影響でタッチングの機会はより減少しています。

              感染対策を十分に行ったうえでではありますが、家族間でのタッチングによって、

              現在のストレスを軽減し、身体だけではなく心の健康も気を付けてほしいと考えています。

               

              株式会社セラ 代表取締役 町田映子

               

              セラのビタミンEオイルを販売しています:https://www.cerastore.net/

              ビタミンEオイルマッサージの表参道セラ治療院:https://ceraclinic.com/

               

              | からだのこと | 10:17 | comments(0) | - |
              傷跡に効果的なビタミンEオイルのはたらき
              0

                JUGEMテーマ:健康

                 

                子どもが幼い頃、手の平に火傷を負ったことがあります。

                手の平がお餅のように膨れ上がり、割れるのではないかと思うほど。

                救急に駆け込んだときには「傷が残ります」と言われました。

                火傷をしてすぐに水につけたのはもちろんですが、

                そのときに活躍したのがビタミンEオイルです。

                たくさんのビタミンEオイルを手の平につけていました。

                かなりのスピードで火傷は回復し、傷は一つも残っていません。

                 

                 

                ビタミンEといえば、

                抗酸化作用が有名ですが、それだけではありません。

                ビタミンEには傷を治してくれるはたらきがあります。

                傷を埋めるための細胞の動きを促進してくれ、

                傷を治してくれるのです。

                また、細胞膜には脂が溶ける脂質の部分がありますが、

                ビタミンEは脂質の部分に溶けて細胞膜を守ってくれます。

                そこでは抗酸化力を発揮して、

                脂質の酸化を防ぎ細胞膜を守り、正常な状態を維持してくれます。

                ビタミンEは細胞になくてはならない存在なのです。

                 

                私自身も幼いころから、

                擦り傷、切り傷をはじめ、虫さされ、打撲などなど、

                肌に損傷が起きたときにはすぐにビタミンEオイルをつけてきました。

                経験上、傷がついてすぐに塗ると不思議と早くに傷が治りました。

                新しい傷は、すぐに流水で洗い流してビタミンEオイルを塗るのがおすすめです。

                 

                株式会社セラ 代表取締役 町田映子

                 

                セラのビタミンEオイルを販売しています:https://www.cerastore.net/

                ビタミンEオイルマッサージの表参道セラ治療院:https://ceraclinic.com/

                | からだのこと | 16:41 | comments(0) | - |
                赤いトマトの抗酸化効果
                0

                  JUGEMテーマ:ビタミン

                   

                  ビタミンEオイル「セラリキッド」のセラ表参道です。

                   

                  友人宅からたくさんのトマトをもらいました。

                  トマトの赤い皮にリコピンという成分が含まれていることはよく知られています。

                  リコピンは赤やオレンジの色素成分であるカロチノイドの一つです。

                  ビタミンEと同じように抗酸化作用が強く、

                  有害な活性酸素をやっつけてくれます。

                   

                   

                  私たちのからだは鉄が錆びるのと同じように

                  酸化してさびてしまいます。

                  今の時期、強い紫外線を浴びるだけでも酸化していきます。

                  その酸化を防止してくれるのが抗酸化作用です。

                  血管の中にも同じように酸化が起こるのですが、

                  これを防いでくれるので、

                  老化の防止や血管の健康を保ってくれる生活習慣病対策に適していると言われています。

                  また、リコピンはオイルとの相性がよく、

                  心臓疾患の予防に効果的です。

                  リコピンは脂溶性なので油との相性がよく、

                  ドライトマトもオリーブオイル漬けにしておくのがおすすめ。

                  生のトマトのままより加工品や油と一緒に摂るほうが、

                  リコピンを数倍吸収しやすくなります。

                  ミニトマトを半分に切って塩を振り、

                  オーブンで1時間〜2時間焼いたあと、

                  ハーブやニンニクと一緒にオイルに漬けるだけ。

                  暑い暑い毎日を乗り切るために、

                  抗酸化作用をうまく活用しましょう。

                   

                   

                  株式会社セラ 代表取締役 町田映子

                  セラのビタミンEオイルを販売しています:https://www.cerastore.net/

                  ビタミンEオイルマッサージの表参道セラ治療院:https://ceraclinic.com/

                  | からだのこと | 11:04 | comments(0) | - |
                  ポツポツ毛穴の黒ずみにビタミンE
                  0

                    メイクをしても隠しきれない小鼻にある毛穴の黒ずみ。

                    本来であれば角層細胞は、

                    古くなると自然に剥がれ落ちるのですが、

                    剥がれ落ちる機能が低下していると、

                    表皮でそのまま積み上がったままになります。

                    この古い角層が、

                    皮脂や産毛と混ざりあって毛穴の中へ入り込んで角栓が作られます。

                    そのため皮脂分泌が多いTゾーンにできやすくなります。

                     

                     

                    皮脂が過剰だったり、

                    毛穴が詰まっていて皮脂を排出できていなかったり、

                    角栓が空気に触れて酸化することで黒ずみになるのです。

                     

                    この気になる毛穴の黒ずみには、

                    睡眠や洗顔、バランスの良い食事といった定番の解決方法のほかに

                    ビタミンEがあります。
                    ビタミンEは細胞の構成要素のひとつなので、

                    肌の代謝を上げてくれます。

                    肌の代謝が上がることで、

                    細胞がしっかり剥がれ落ちて新しい細胞に入れ替わってくれます。
                    また強い抗酸化作用を持っているので、

                    細胞の酸化を防いでくれます。

                    黒ずみの原因のひとつである酸化から肌を守ってくれるのです。

                     

                    いくら毛穴のためとはいえ、

                    夏にオイルは厳しいなという方もいらっしゃると思いますが、

                    毛穴の黒ずみには乾燥は大敵。
                    乾燥は、角層細胞の重層化を起こしたり、皮膚を保護しようとして、

                    過剰に皮脂を分泌させる原因にもなります。

                    しっかりとした保湿が大切です。
                    毛穴パックで肌に大きなダメージを負わせるより、

                    日々のスキンケアを見直してみましょう。

                    JUGEMテーマ:美容アイテム

                    株式会社セラ 代表取締役 町田映子

                    セラのビタミンEオイルを販売しています:https://www.cerastore.net/

                    ビタミンEオイルマッサージの表参道セラ治療院:https://ceraclinic.com/

                     

                    | 美容のこと | 12:25 | comments(0) | - |
                    天候による体調不良「気象病」を治す
                    0

                      JUGEMテーマ:健康

                       

                      ビタミンEオイル「セラリキッド」のセラ表参道です。

                       

                      雨の日は頭が痛くなる、台風や大雨で体調が悪くなるー。

                      天候による体調の悪さは「気象病」と呼ばれます。

                      気象病は、気圧の変化によって引き起こされると言われます。

                      気圧が上がったり下がったりすることが原因とされ、急であるほど症状が強くなります。

                       

                       

                      気圧が変化すると、耳の奥にある内耳が察知します。

                      内耳は三半規管など体のバランスを保ってくれる部分です。

                      内耳が感じ取る情報は、脳に伝達され、それによって自律神経はストレス反応を起こします。

                      そこから交感神経が興奮状態になるため、めまいの悪化や血圧が上昇したり、慢性痛の悪化をしたりします。

                      自律神経を正常に機能させるためには、体本来の機能を正しく動かすことが大切と言われます。

                      睡眠時間を十分にとったり、朝食をしっかりとること、適度な運動など規則正しい生活を送りましょう。

                      また内耳が深く関わっていることから、耳や首の血行をよくしておくこと、姿勢も見直すようにします。
                      耳のマッサージは、耳をホットタオルなどで温めてから行うようにします。

                      耳の周りを優しく押したりすることで血行がよくなり、内耳の血行もよくなり、自律神経まで整えてくれます。

                       

                      すでに症状が出てしまっている場合には、症状に合わせて対処する必要があります。

                      例えば関節などの痛みが出ている場合には、痛みが出ているところを温めるようにしますが、

                      偏頭痛が出ているときには温めると血管がより拡張してしまうので悪化します。

                      冷やしたり、刺激の少ないところで安静にするようにしましょう。

                      今年は梅雨が長かったり、大雨だったりと気候の不順が見られます。

                      身体に支障の出ないようにお過ごしいただきたいと思います。

                       

                      株式会社セラ 代表取締役 町田映子

                      セラのビタミンEオイルを販売しています:https://www.cerastore.net/

                      ビタミンEオイルマッサージの表参道セラ治療院:https://ceraclinic.com/

                      | からだのこと | 11:22 | comments(0) | - |
                      | 1/6PAGES | >>