<< アトピー肌のこと | main | 父の介護と教え >>
結局、抗酸化作用って何だろう?
0

    JUGEMテーマ:ビタミン

     

    ビタミンEオイル「セラリキッド」のセラ表参道です。

     

    抗酸化作用という言葉がよく聞かれるようになりました。

    が、結局抗酸化って何だろうという方も多いのでは?

     

    ビタミンEのはたらきのなかで、
    特徴的なのが抗酸化作用です。

     

    酸化とは、物質が酸素と結びつく化学反応のこと。
    たとえば、鉄が酸素と反応すると酸化鉄になります。
    よく鉄についているサビのことです。
    残念ながら、私たち人間の体も酸化します。

    私たちは残念ながら
    普通に呼吸をしているだけでも
    どんどん錆びていきます。
    酸素の2%が活性酸素に変化すると言われています。
    たとえば、
    マラソンのような過度のエネルギー代謝の場合は、
    20%が活性酸素に変わります。
    タバコやストレス、
    毎日のほんの少しのことで
    私たちは酸化してしまうのです。

     

     

    活性酸素には種類があります。
    スーパーオキシド、
    過酸化水素、
    ヒドロキシルラジカル、
    一重項酸素。
    これら一つ一つ、
    たとえば酸化力だったり、
    寿命や移動距離、
    それぞれが違うものです。
    ただ、私たちのからだは、
    これらの活性酸素を
    安全な水や酸素に分解することができます。

     

    活性酸素のなかで
    一番酸化力が強いのが
    ヒドロキシルラジカルです。
    ヒドロキシルラジカルは、
    寿命は短いのですが、反応がよく、
    まわりの脂質やタンパク質、糖質など
    見境なく反応して酸化させていきます。
    次々連鎖反応が起きて、
    隣の細胞を酸化させていくことで
    DNAに損傷を与えていきます。
    このヒドロキシルラジカルに、
    抗酸化力を発揮するのがビタミンEなのです。

     

    私たちのからだには、
    酸化に対抗する防御システムが備わっています。
    ですが、
    年齢とともに抗酸化物質が産生される量も
    活性も低下していきます。

     

    食品から抗酸化物質を摂ることも大切です。
    ビタミンやミネラル、コエンザイムやリポ酸など
    多くの食品には抗酸化物質が含まれています。

     

    身体の内側からと外側から、
    抗酸化物質を摂ることで酸化力を高めましょう。

     

    株式会社セラ 代表取締役 町田映子

    セラストア:https://www.cerastore.net/

    表参道セラ治療院:https://ceraclinic.com/

    | ビタミンEのこと | 11:46 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする