<< 父の介護と教え | main | 更年期とビタミンE >>
血管の健康と一酸化窒素について
0

    JUGEMテーマ:健康

     

    ビタミンEオイル「セラリキッド」のセラ表参道です。

     

    私たちのからだにはたくさんの血管が張り巡らされていて、
    温かな血液が心臓から送り出されています。
    押し出された血液は動脈、毛細血管、静脈を通って心臓へ。
    当たり前のように思っているこの循環こそが、
    私たちのからだ全体に栄養や酸素を送り
    要らない老廃物を回収してくれる一番の基本となる働きをしてくれています。
    血管の太さは、
    一番太い大動脈が約3僉
    細い毛細血管は0.1僂曚匹波韻量咾茲蟶戮い發里任后
    この中を血液が移動するのですが、
    例えば60圓梁僚鼎諒であれば4〜5Lの血液が流れていることになります。
    しかしスムーズに血液が流れているとは限りません。
    たとえば動脈硬化。
    動脈硬化とは、文字通り動脈が硬くなったり、
    血管が狭くなって血液がうまく流れなくなることを言います。
    高血圧、糖尿病、喫煙などが原因で起こります。

    このような血管を救ってくれるのが一酸化窒素(NOエヌオー)です。
    一酸化窒素というと、排気ガス等からだに良い印象がありませんが、
    実は体内で作られています。
    1998年のノーベル賞では、体内での機能について発表されました。
    体内の一酸化窒素は、
    血管を拡張したり、
    血管内で脂肪が固まるのを防いでくれることが分かったのです。
    血管に弾力性をもたせ、
    若さを保っていることに注目が集まっています。
    ですが、30歳を境に一酸化窒素を産み出す機能が低下してしまいます。
    それを補っていくためには、バランスのとれた食事と運動が必要です。
    一酸化窒素はアミノ酸からできていますので、
    タンパク質をしっかり摂ることが大切です。
    また、マッサージによっても一酸化窒素を産出することができます。
    血流の量が増えることで血管内の細胞を刺激し、
    一酸化窒素の分泌を促進するのです。
    脚をマッサージすることによって、
    血行を促進し一酸化窒素を産出することで健康な血管を保ち、
    しかも温かな血液をからだ全体に巡らせることに繋がっていきます。

    血栓は、血の固まりのことです。
    血管の中では通常血が固まらないようにできていますが、
    血流が悪くなったり、血管壁が傷ついたりすると、
    血液が固まってしまいます。
    血栓は静脈だけではなく動脈や心臓などでも起こりますが、
    大半が下肢で起こることが多いのです。
    特に高齢者や女性に起こりやすいので注意が必要です。

    こまめに水分をとること、
    足を動かすことが予防となりますが、
    マッサージも非常に有効です。
    膝の裏がかなり腫れていたり、ふくらはぎが重く張っていること方が多いのですが、
    みなさん自覚がないとおっしゃいます。
    ふくらはぎから膝裏、膝裏から太ももまでを一方通行でマッサージしましょう。
    どちらも手のひら全体でやさしく行ってみてください。
    血栓の予防とともにリラックス効果も高いのでおすすめです。

    | からだのこと | 14:21 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする