<< 更年期とビタミンE | main | 気になるお肌の水分と油分のバランスのこと >>
二代目のはじめの一歩
0

    JUGEMテーマ:女性経営者

     

    ビタミンEオイル「セラリキッド」のセラ表参道です。

     

    父が大腸がんになり、余命は僅か。

    この次の年に父は会長に、私が代表になりました。

    まずしなければいけなかったことは会社の立て直しです。

    父は非常に温厚なひとでした。

    娘である私にも一度も声を荒げたことはありません。

    その人の良さは経営向きではなかったということなのか、

    本当に小規模な中小企業にありえない借入が残されました。

    会社を移転させ縮小。

    膨大な借り入れをいかに返済していくかが大きな問題でした。

     

    私が代表となってはじめに行ったのは、

    借入金に関するサインです。

    あまりの大きな額に実感が湧かなかった覚えがあります。

    毎月の返済も、仕入れの支払いも、

    自分の口座から支払ったりしていました。

    そこでお願いしたのが、

    仕入れ先の方々にお支払いを分割でお願いすること。

    何件かリスケジュールをしていただいて、本当に助かりました。

     

    自分の報酬も出せませんでしたが、

    父の報酬も大幅にカットしてもらいました。

    母と三人家族会議を重ね、

    どこまで切り詰められるのか話し合いました。

    このとき父の医療費も捻出しなくてはならず、

    この判断が正しいのだろうかとかなり悩みました。

    それでも母がこれでいけると背中を押してくれた判断と潔さは、

    なんとか会社を立て直したいという娘へのエールだったのだと思います。

     

    代表となる前は経理を担当していたのですが、

    この時期は人手が足りなかったので、

    商品の配送業務も同時に行うこともありました。

    日曜日にひとりサンプル作りをしたら、

    ラベルをすべて貼り間違えていて、

    結局後日またサンプル作業をしたことも。

    休みもなく、ひたすら働いていましたが、

    この時の体験が後々となってはよかったと思います。

    会社の業務をすべて自分で経験していくことでわかることも多かったので、

    非常に貴重な時間でした。

    やらなくていい業務や

    体験しなければよかったことは

    存在しないものなのだと思っています。

     

    株式会社セラ 代表取締役 町田映子

    セラストア:https://www.cerastore.net/

    表参道セラ治療院:https://ceraclinic.com/

    | 会社のこと | 10:35 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする