<< ビタミンEで肌年齢を若返り! | main | 社長らしいって何だろう。 >>
ソーシャルディスタンスとタッチング
0

    ビタミンEオイル「セラリキッド」のセラ表参道です。

     

    新型コロナウィルスの感染に危機感を覚えるなか、

    人との距離を2mとってくださいと言われます。

    テレビを見ても演者の人と人の間に不思議な距離。

    普段意識しないパーソナルスペースを否応なく感じます。

    アメリカの文化人類学者であるエドワード・T・ホールは、

    次のように相手との距離感を四つに分類しました。

    1 密接距離(0cm〜45cm) 身体に触れられる距離。家族などごく親しい人

    2 固体距離(45cm〜120cm) 二人共が手を伸ばせば相手に届く距離。友人。

    3 社会距離(120cm〜350cm) 会話ができる距離。あらたまった場。

    4 公衆距離(350cm以上) 公式な場。かかわり合いがない距離。

    パーソナルスペースとは、他人に近付かれると不快に感じる空間のことを指します。

    ごくごく親しい人がこの距離にいることは許されますが、

    それ以外の人がこの距離に近づくと不快に思う距離というのが45cmなのです。

    空いている椅子がたくさん並んでいたら、

    すぐ隣に人が座らないように荷物を置くのは、

    このパーソナルスペースを保とうとする無意識の行動です。

    このように、パーソナルスペースは物理的な距離だけではなく、

    心理的な距離も伴っています。

    親しくない人とは、自然にパーソナルスペースを広く取りますね。

    つまり、心理的な距離に比例して、物理的な距離を取ることになります。

    今2mの距離を何となくさみしいと感じるのはこの心理的な距離を感じるからでしょう。

     

     

    タッチングの講習会やワークショップを行うと、

    家族やパートナーにマッサージをしたりタッチングをすることは大切ですよとお話しますが、

    タッチングを行う際の相手との距離感は

    エドワード・ホールの言うまさしく1の密接距離ということになります。

    親しいからこそのタッチング効果を期待することもできますし、

    タッチングを通して心理的な距離を縮めることもできます。

    物理的な距離も心理的な距離にも変化を起こすことができるタッチングは、

    言葉とは異なったコミュニケーションの一つと言えます。

    また距離を縮めるタッチングができる時期がくることを祈っています。

     

    株式会社セラ 代表取締役 町田映子

    セラストア:https://www.cerastore.net/

    表参道セラ治療院:https://ceraclinic.com/

     

    | からだのこと | 14:21 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする