<< 【コロナウィルス】在宅勤務で肩こりがつらい方へ | main | 暑いのにオイル美容?! 紫外線とオイルの関係 >>
自粛解消で通常生活に戻るのがつらいときは朝を変える!
0

    JUGEMテーマ:健康

     

    ビタミンEオイル「セラリキッド」のセラ表参道です。

     

    職場や学校に行きたくない!在宅慣れしてしまい、再開を喜べない方も多いようです。

    自粛が拡大されたり解除されたりと生活が大きく変わり、

    大きなストレスを感じていると思います。

    こんなときに父が生きていたらすんなり順応しマイペースな毎日を過ごしていたのかも?

    15年以上も前の父のコラムです。

     

    朝は6時に目を覚まします。

    まず、枕元のカーテンを開けて朝の光を顔にあてます。それから起き出してシャワーを浴びます。

    シャワーを浴びながら、ごく簡単な手足の屈伸をします。

    全身にセラリキッドを塗布し、部分的に調子が悪い場所はマッサージしていきます。

    最後に顔もマッサージします。それから食卓に向かい、朝刊を見ながらの朝食です。

    ご飯がある時はご飯を、それ以外はトーストを焼きます。

    おかずも2,3品です。食後に牛乳、バナナ、そしてプロテインを大さじ2杯、

    ミキサーにかけ、色々なサプリメントを口に入れながら飲んでいきます。

    8時前には自宅を出て、歩ける時は駅まで12,3分歩きます。


    我々は24時間で生活していますが、

    完全に外部からの音、光を漏れないように遮断した6週間の実験で、

    生物リズムは実際の時間と10分しか違わないというデータが出ています。

    これらの実験から、24時間の生物リズムは遺伝子ではっきり規定されていることがわかりました。

    しかし我々は気温、騒音、食事、不規則な生活などによって、生物リズムに影響を与え、誤差を生じさせます。

    その誤差を調節し、直していかなければなりません。その働きをするのが朝の日の光です。

    まず起きて、ある程度強い光を浴び、脳の中枢に刺激を与えてリズムをリセットすると、快適な1日が始まります。

    次に朝のタンパク質の摂取です。

    朝のタンパク質の摂取によって体中の臓器にある時計にスイッチが入ります。

    ピリオドタンパクが作られ、1日の臓器の動きが決まります。

    父は常に同じサイクルで毎日を送っていました。

    本当にマイペースな人だなと横目で見ていましたが、

    今この時期になってこのサイクルが負担を軽減できるのではと思います。

    朝タンパク質をしっかり摂っておくのも、体力が落ちているこの時期におすすめです。

    朝のうちに太陽の光を浴びたり、食事を変えたりとまずはできることからで変えていくのもいいと思います。

    急に頑張りすぎず、気持ちもからだも無理せず始めていきましょう。

     

    株式会社セラ 代表取締役 町田映子

    セラストア:https://www.cerastore.net/

    表参道セラ治療院:https://ceraclinic.com/

    | からだのこと | 15:05 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする